日本のバイク遺産 思い出の国産車たち 1970年代編

画像
モーターマガジン社。
アマゾンで買いました。
残念ながらヤマハRD250は載っていません。
画像
先代のヤマハRX350は載っていました。
画像
スズキRG250E。
もう自分がバイクに乗り始めたときは、ガンマばかりで、ガンマのつかないRG250は、走っているのを見たことがないです。
20年前に、バイク屋の店頭にあった中古車が、現物を見たのが最初で最後。
軽量! 250cc専用ボディ! 空冷! 並列ツイン、2スト!!
理想のバイクです。
ただ、RD250のほうが、色気があるような気がします。
画像
カワサキ350SS。
カワサキ、トリプルはかっこいいです!
人気があるのわかるなぁ。
ただ、RD250の方が、フレーム、6速ミッション、あと形も好きだなぁ。
ていうか、RD250が世界で一番かっこいい、すばらしいバイクだと思うのですが、まぁ、この話は、人前でうかつにすると、聞く人皆、ドン引きなので、こうやってブログに打ち込むだけにします。
(ヤマハRD250最高!)
画像
カワサキ マッハⅢ
この本の中ではダントツ!
一番かっこいいです。
オプションの一文字ハンドルが光っています。
オーラが出ています。
こんなバイクが市販されていた時代も、メーカーもすごい!
自分は、カワサキ車には一度も乗ったことがないです。
乗った人にだけわかる何かが、カワサキにはあるのかもしれません。
でなければ、絶版車で、あんなに人気があるわけがないです。